雨漏り修理エリア:町田市・相模原市・横浜市・川崎市

雨漏り修理・原因調査に自信あり! 彩ホームプランニング

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎! 0120-406-999 営業時間:午前9時から午後8時 土日祝も営業

株式会社 彩ホームプランニング 東京都町田市金森7-14-6

アクセス

施工事例|外壁防水・雨漏り対策工事 神奈川県横浜市のS様邸

ホーム > 施工事例(雨漏り修理) > 施工事例|外壁防水・雨漏り対策工事 神奈川県横浜市のS様邸

施工事例|外壁防水・雨漏り対策工事 神奈川県横浜市のS様邸

横浜市港南区 S様邸

外壁に無垢材を利用した一軒家の防水対策工事

before

after

コメント

築25年程度、木造で外壁に無垢材を利用し、木の温かみを活かしたお家です。当時は防水テープというものが製品として存在しなかったので防水シーリングだけが施工として行われていました。

現在は2重3重に防水を行うことが当たり前に行われていますが施工当時ではこの程度の防水しかしないことが多かったようです。よって1つしかない防水シーリングのコーキングが劣化したら即雨漏りにつながってしまうのです。

今回のご相談内容は和室に雨染みがあるとのことでした。行ってみたところ、和室の壁と障子にかなり激しい水染みがあります。和室の真上がお風呂場であるから風呂場からの漏水かと推測し散水テストをしたが水漏れはありません。

では窓サッシ周りからの雨漏りと疑い外壁散水テストをしたところサッシ周りから水漏れが見られました。窓枠コーキングが経年劣化して剥がれや割れがありそこから浸水していました。
調べてみるとその他の部位もシーリングが劣化している場所が多数ありましたので、せっかく足場を組むのであれば建物全体のシーリングの打ち直しと外壁塗装を行うことにしました。
さらにお風呂場の床もタイル貼りでしたので、築年数からするとシールなどの劣化による漏水が発生することも考えられたのでFRP防水対策をしました。足場を組んだからには建物の全体を徹底的にチェックします。

網戸の張替え、サッシの動き、シャッターの調整、換気扇排気口も解体して清掃。テレビアンテナの調整などは当然すべて行いました。
またテラスの手すり木部に腐食がありグラグラしていたので、この際ですからデザインを一新して作りなおすことにしました。現状のウッドのあたたかみをさらに引き出すような手すりを設置し、外壁の色合いは新築時の色合いを再生するように注意深く塗料を選定しました。

一覧へ戻る

このページの先頭へ