雨漏り修理エリア:町田市・相模原市・横浜市・川崎市

雨漏り修理・原因調査に自信あり! 彩ホームプランニング

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎! 0120-406-999 営業時間:午前9時から午後8時 土日祝も営業

株式会社 彩ホームプランニング 東京都町田市金森7-14-6

アクセス

雨漏り調査に赤外線サーモグラフィーを使う理由

ホーム > 雨漏り修理 > 雨漏り修理について > 雨漏り調査に赤外線サーモグラフィーを使う理由

赤外線と雨漏り調査には関係があるのでしょうか?

 

雨漏りの赤外線サーモグラフィー調査現場

赤外線サーモグラフィー(FLIR)とは温度を測るための計測器です。赤外線とは温度がある物質から放射される目に見えない光のことです。物質から放射される光を測って温度分布を測定します。カラフルな図で壁面などの温度分布をわかりやすく表示してくれる計測器です。

なぜ赤外線サーモグラフィーで雨漏りの調査ができるのでしょうか?

温度を測定することと雨漏りにはどんな関係があるのでしょうか?

雨漏りの原因を赤外線は発見することができない?!

赤外線サーモグラフィーを使った各種調査は計測器の高性能化でどんどんと普及しています。しかし赤外線サーモグラフィーは雨漏りを直接測定して発見する魔法の機械ではありません。

赤外線サーモグラフィーは熱を測定する測定器なので、そこに水があるということを直接判断することはできません。

つまり雨漏りの原因である水を赤外線は発見することができないのです。

赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査が可能な条件があります

ではどうして雨漏り調査に赤外線サーモグラフィーが使われるかというと、水がしみている木材や壁紙は冷たくなっているからなのです。

水は気化するときに気化熱を必要とします。水が蒸発するとき水は周辺から温度を奪っていくので水に濡れたまわりの温度は下がって冷たくなるのです。

例えば雨に濡れた時は身体が冷たくなりますね。それは濡れた水が気化、蒸発していく時に身体の熱を奪うからです。その原理を利用して雨漏り調査は行われています。

主に下記2条件の時に判断が可能となります。

  • 雨漏りしている時
  • 散水調査をした時

今まさに雨漏りしているときは濡れているので温度差が生じています。よって雨漏りしている時、もしくは直後でまだ濡れている状態であれば赤外線サーモグラフィーで調査は可能です。

雨漏り散水調査現場

次に散水調査ですが水が染みこんで表面まで温度が下がってこないと計測は不可能です。ですので散水調査は実際の風雨を想定して大量な水を長時間にかけて散水しないと結果がでないことがほとんどです。

20分から30分以上あらゆる角度から高圧洗浄機で水を外壁に吹き付けます。そして30分程度時間をあけてさらに吹きかけます。その間都度赤外線サーモグラフィーで測定調査しながら壁面などに変化が現れていないかを確認します。

水が染み込むのをじっと待つので調査には2,3時間必要とすることが多いです。

また、赤外線サーモグラフィーも雨漏りを計測するにためにかなりの高性能のものが必要となります。微妙な温度差を検知できること、測定物とは関係のない他の赤外線の影響を受けにくいこと、が測定器に必要とされます。

長くなりましたがここで知っておくことはたったひとつ、赤外線サーモグラフィーによる調査は雨漏りの原因となっている箇所が濡れているときにだけに有効ということです。

赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査の利点

赤外線調査は建物を壊さず、非破壊で簡単に調査ができることが利点です。意味のない開口調査をしないため費用も少なくかなりの高精度で雨漏りの原因を特定できます。

ただし赤外線サーモグラフィーを使って雨漏りの原因を見つけることは可能ですが、それには本格的な研修を受けて実際の事例を多く経験していないと難しいと思われます。

  • 正しい赤外線サーモグラフィーの使い方を知っていること
  • 散水調査を含めた専門の調査方法を知っていること
  • 雨漏りの原因、事例を多数知っていること

赤外線による調査は測定器と雨漏りの仕組みを知っていればそれほど難しいことではありません。

調査に多大な費用をかけることもなく短時間で的確に調査が可能な赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査はこれからどんどんと増えていくと思います。

このページの先頭へ