雨漏り修理エリア:町田市・相模原市・横浜市・川崎市

雨漏り修理・原因調査に自信あり! 彩ホームプランニング

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎! 0120-406-999 営業時間:午前9時から午後8時 土日祝も営業

神奈川県相模原市南区上鶴間6-1-20スカイビル2 1階 東京都町田市金森7-14-6

アクセス

施工事例|再塗装工事のはずが雨漏りやシロアリ被害 川崎市のK様邸

ホーム > 施工事例(雨漏り修理) > 施工事例|再塗装工事のはずが雨漏りやシロアリ被害 川崎市のK様邸

施工事例|再塗装工事のはずが雨漏りやシロアリ被害 川崎市のK様邸

川崎市高津区 K様邸

雨漏り腐食によるベランダ屋根破損工事

before

after

コメント

大雪のあと2階ベランダ屋根が傾いたとのことでご相談をいただきました。

現場を確認するとベランダの上部屋根が傾いていてさらにベランダの柱、そしてベランダ自体にも腐食が発生しているように見えました。

さらに調べてみるとベランダの床面に浸水がみられベランダの柱、梁などベランダを構成する主要な部材に重大な欠陥があることがわかりました。

ベランダ本体を支える柱が完全に腐食し危険な状態でしたので緊急性を要するものでしたので、引き続き開口調査をしました。
するとベランダ本体の床と建物の壁との接合面、さらに下に向かって白アリによる被害が確認されました。また雨樋の雪の重みによる破損も見られました。雨樋が銅板で作られた特殊なものであったために新品に取り替えることも費用、時間がかかり難しいので、曲がった雨樋をひとつひとつ手作業で補修することにしました。
施工としては柱が腐食し、白アリの被害にあったベランダをすべて作り直すことになりました。ベランダ壁面の方は幸いな事に白アリに食い荒らされていなかったため白アリ防蟻薬品処理のみを行うことにしました。

どうせ工事をするのであれば見た目も変えてしまおうとの施主様のご意向もありましたので、施工前からは大きくイメージを変えたベランダの再デザインにあわせて外壁の色も提案させていただきました。
元々は家全体がモルタルの塗り壁でしたので同じ色合いにすることで統一感はとれていました。今回作りなおすベランダは玄関の上に配置されているため、玄関が影になり少し暗めに感じてしまうのが施主様のお悩みでした。

そこでベランダの手すり側を、木製の玄関ドアにあわせてウエスタンレッドシダーという木材を使い、木の温かみと明るさを表現してみました。
外壁のお色はこの暖かい木材の色合いにあわせて3パターンほど試し塗りをしたうえでカラーセレクトしていただき決定したのでお家全体がウッドのあたたかみをしっかりと感じるように仕上がっています。
またこの事例では大雪の後の雪の重みで屋根が破損したケースでしたので火災保険を適用して施工を行いました。雪の重みがきっかけで屋根部が破損したので保険適用が可能になった事例となります。

一覧へ戻る

このページの先頭へ