外壁塗装と屋根塗装:町田市・相模原市・横浜市・川崎市

外壁塗装・屋根塗装を町田市・川崎市・横浜市・相模原市で施工する 彩ホームプランニング

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎! 0120-406-999 営業時間:午前9時から午後8時 土日祝も営業

株式会社 彩ホームプランニング 東京都町田市金森7-14-6

アクセス

施工事例|築35年超え木造一軒家の外壁塗装

ホーム > 施工事例(外壁塗装) > 施工事例|築35年超え木造一軒家の外壁塗装

施工事例|築35年超え木造一軒家の外壁塗装

before

0905_b01

after

05_a

コメント

築35年以上の木造一軒家の外壁塗装です。昔ながらの外壁に無垢材を使った一軒家です。
木材は腐食している部分もあり、塗装だけでなく補修が必要な状態でした。

築年数も経っており手を加えてもよい部分は多くありましたが、施主様のご年齢も高齢なこともあり予算を抑え、かつ長くメンテンスをしなくてもいいような方向で施工しました。
特に2階部分の外壁はすべて木材が使用されており痛みが激しかったので、徹底的に補修を行い雨漏りを起さないようにしました。外壁塗装をしただけでは雨漏りは直りませんのでしっかりとした防水シーリングを行いました。

1階部分の屋根と2階の外壁の木部とのつなぎ目に木材の腐食によるすき間が生じていました。
この木部と板金のすき間を埋める補修を行い、建物の躯体に水が進入することを防ぐ工事を行いました。

また窓枠、雨樋、ひさし、エアコンの室外機配管の固定部などの見直し、そしてすべて木材を使用してお家がつくられているので釘やネジ部の使用している部分のシーリングをやり直しました。

ここまで徹底的に補修工事を行ったその上で外壁塗装を行います。木材を守るために下塗りを徹底的に行いました。痛みの激しい木部には4〜6回の下塗り処理をしています。一般的な一軒家に対し3倍程度の工程をかけています。

今回の外壁塗装では油性塗料を使いました。油性塗料は塗料を専用のうすめ液で薄めながら使います。外壁塗装には通常は水性シリコン塗料を使いますがわざわざ手のかかる塗料を使うにはわけがあります。

木材の腐食が経年変化もあって進んでおりこれ以上の腐食を進ませないよう徹底的に保護するために塗料で包んでしまい守るという考え方です。木材の状態によって塗装方法や塗料を変えるのは職人の経験ならではです。

木材だからといって必ずしも油性塗料を使うわけではなく、現在の状態、施主様のご意向など含めて最善の方法を選択しています。

一覧へ戻る

このページの先頭へ