メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎! 0120-406-999 営業時間:午前9時から午後8時 土日祝も営業

神奈川県相模原市南区上鶴間6-1-20スカイビル2 1階 東京都町田市金森7-14-6

アクセス

ベランダに溜まった大量の雨水が雨漏りの原因/FRPベランダ防水修理

ホーム > お客様の声(雨漏り修理) > ベランダに溜まった大量の雨水が雨漏りの原因/FRPベランダ防水修理

ベランダに溜まった大量の雨水が雨漏りの原因/FRPベランダ防水修理

ベランダからの雨漏り修理施工前

1階のリビング天井に雨漏りによる雨染みが発生していました。かなり大きく広がっており天井クロスも剥がれてしまっています。天井の一部を開放し内部の状態を開口調査します。

ベランダからの雨漏り修理雨漏りヶ所

外壁と柱には水による被害はみられないようですが、針の部分に水が流れたような怪しい箇所があります。

ベランダからの雨漏り修理前

天井部には激しく雨漏りによる水濡れが見られます。外壁方面から梁を伝わって雨水が侵入してきているようです。

ベランダからの雨漏り修理ベランダ施工前

ベランダのFRP防水は経年なりの痛み具合です。特に激しく劣化していることはありませんでしたが、防水面の亀裂はそこそこ各所に見られますので、防水を新しくやり直すことが雨漏り修理の第一歩だと判断されます。

ベランダからの雨漏り修理ベランダとサッシ接合部

近くで見ると防水面はかなり薄くなっている部分もあり、新規に防水塗装することで雨漏り対策が可能と思われます。さらに、よく見てみるとベランダ床面とサッシの接合部に高さがあまり確保されていないようです。床面と窓枠の高低差がないことは部屋からベランダへの出入りやすさに繋がりますので建物の設計としてはOKであり、よい建物と言えます。

しかし、昨今の豪雨は従来の雨量からは考えもつかないような排水性能を建物に要求します。このベランダにももちろん排水口がありベランダに溜まった雨水は排水されているのですが、排水性能を超える降雨量があった場合、シーリング性能の落ちた窓枠から外壁内部へと雨水が侵入してしまいます。

雨漏り補修工事窓枠下部のシーリング

ベランダの防水塗装をやり直し、同時にサッシ窓枠下部のシーリングを徹底的に行いました。ベランダに溜まった雨水がサッシの下部を超える量となった場合でも窓枠から外壁内部へと侵入することを阻止するためです。

ベランダからの雨漏り修理ベランダ散水テスト

ひととおりの雨漏り修理を終えてから雨漏りの原因と推定されたベランダとサッシ窓枠へと散水テストを行いました。ホースから水を出し徹底的に放水します。

ベランダからの雨漏り修理ベランダ散水テスト

それこそ徹底的にあらゆる角度から水をかけてみます。実際の雨量よりも大量にホースから水をかけて壁面内部に水が入らないかと確認します。

ベランダからの雨漏り修理室内天井補修

壁面の防水性能が確認できたところで最後に室内側の復旧をします。濡れて腐ってしまった天井を部分的に解体し新しい天井を張っていきます。下地処理をキレイに行った後にクロスを貼れば完成です。

ベランダからの雨漏り修理天井修理後

部屋の中も明るく元通りになりました。ベランダの防水処理をすべて新規にやり直したので再び雨漏りが起こることはないでしょう。ちなみにこの防水塗装には工事保証が10年つきます。

 

このページの先頭へ